昨年のクリスマスイブに開かれたフレーゲの夕べ特別編では、音楽旅行の仲間が集結!こやちゃんのバス運転と、マースラさんの名ガイドとともに、日本全国・世界各地を音楽で旅しました。

日本国内のバス旅行で印象的だったのは、岸壁の母。
第二次世界大戦後、ソ連による抑留から解放され、引揚船で帰ってくる息子の帰りを待つ母親の気持ちを歌っています。
世界で様々な形の争いが起こっている今、改めて思い返すと、人が人を思う気持ちの重みを強く感じます。そのほかにも、さちさんの素敵なピアノ演奏と歌声で素敵な時間を過ごしました。

そして、音楽旅行と共に開かれたのが、バーチャルホームステイ。
コロナ禍でなかなか会いに行くことが難しい美津子さんの元へ、同じく学生のゆきほさんとともに、画面越しにではありますが、訪問させていただきました。クリスマス間近のスイスの街並みはとてもキラキラしていて素敵で、コロナがおさまったらバーチャルなホームステイだけではなく、実際にスイスに行ってクリスマスを過ごしたいなと強く思いました。

さて、3月25日には、春・卒業・旅立ちをテーマにした音楽旅行と、バーチャルホームステイが開催されます。今年度最後のフレーゲの夕べでは、どんな思い出が作れるのか楽しみです。

学生ボランティアスタッフ 田口真生

Tags:

Comments are closed