2022年6月18日19日「第5回シニア世代のオンラインフェスティバル」が開催され、 無事終了致しました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 フェスを主催するシニア世代のオンライン・コミュニティ「六月の村」は、現在、世界と日本の各地にいる約30名のボランティアスタッフの協力のもと、全てのイベントを無料で行って参りました。しかし、持続可能なオンラインコミュニティ実現のため、それなりの費用が必要であることも確かであり、初の有料プログラム、「お土産付き応援プラン」、「寄付金プラン」をPEATIXで募る挑戦に至りました。 

 現在、収入がほぼ無いに等しいまさこは基本無料が大好きで、有料化にはあまり積極的ではありません。私のような人間が参加しなくなるからです。しかし、お金がないくせにあれこれ応援したい人や団体へのクラウドファンディング(今回の応援プランみたいなの)には支援していたので、このお土産付き応援プランには抵抗ありませんでした。

 そこで、行きつけの隠れ家カフェ「CAFE&RORSTAR STRANGE FRUIT」のイケメンマスターにお願いしてみました。去年もフェスのチラシを貼って下さったので、「ああ、今年もやるんだ」と即、了解し、ちらしを貼って下さいました。ついでの様にお願いした応援プランでの返礼品珈琲豆についても、原価は保証するし包装や郵送などの面倒なことは私がやるからと言うと「ああ、それなら構いませんよ。自家焙煎ってちゃんと入れて下さいね。」と気軽にご協力頂けました。原価は押さえて提供して下さると言う太っ腹っぷりに、また惚れなおした次第です。(#^.^#)

 

 送料は仕方ないとしても、包装代をお金かけずに、お礼カードも手作りして…。と結構その時間も楽しみました。今回のフェスのお陰様で、CANVA(オンライングラフィックデザインツール)の無料プランでカードを作ったり、サムネイル(中身を全部見ないでも分かる象徴的な画像の組み合わせ)を作ったり、ZOOM用のバーチャル背景を作ったりも出来るようになりました。何でもやると楽しいし、お勉強になります(⋈◍>◡<◍)。✧♡。私の好きな言葉。「一生勉強 一生青春 byみつを」

 そして、ここはもったいながり屋まさこが本領発揮出来るところで、捨てずに取ってある厚紙や紙袋などが大活躍!それと100円ショップを駆使して、予算内で心を込めて包装させて頂きました~。お金かけずに手間かけて、こころを込めて、たっぷりの愛を 込めてありますよ~!しか~し、思いがけなく郵便料金が予算オーバー!半分をクロネコヤマトに変えて、安く抑えるようにあれこれ画策し、奔走しました~!お受け取り下さ~い。(≧◇≦)

 一番人気だったとの嬉しいお知らせがあった珈琲豆応援プラン。こうして、応援してもらえる暖かい繋がりを大切に、優しい参加者さまたちが安心してほっこりできる居場所として、これからの「六月の村」がさらに大きな木のように成長し、花を咲かせ実をみのらせることができるよう祈念してやみません。

(ちなみに、カフェの名前「Strange Fruit(奇妙な果実)」の由来は、有名な黒人女性歌手の歌ですが、陰惨な事件のイメージとは裏腹に、人種差別が激しかったアメリカで大ヒットし、公民権運動へとつながったパワーとポジティブな面にフォーカスしてます。もう一つの由来は、珈琲の実も果実ですが人間が手間をかけなければ美味しい飲み物にならない、いわゆる「奇妙な果実」であると言うところにあります。不思議と「六月の村」も珈琲の実のようなものかもしれないなぁ…と思えました。)

 みなさまからご支援いただいたご寄付は、WEB運営費、Zoomアカウント費用、広告費(チラシ印刷等)などに大切に使わせていただきます。

本当にありがとうございました。(≧▽≦) 

文責 六月の村ボランティアメンバー 相川雅子

Tags:

Comments are closed